男性

体に優しい手術|放射線治療で癌に歯止めをかけよう

腎代替療法による治療

医者

腎代替療法の方法としては血液透析や腎移植などが挙げられ、より良い腎機能に代替できます。岡山の腎臓内科では血液透析を受けることができ、病院に通院できない患者は在宅血液透析が受けられます。腎移植は腎臓外科で移植手術が行われています。

詳細を読む

治療方法のひとつ

患者

数々のがん治療方法

人の体は約60兆もの細胞から成り立っています。これらの細胞のうち、一日に1000から2000の癌細胞がつくられています。通常であれば、リンパ球が癌細胞を消しさり癌を発症することはありません。しかし残ってしまった癌細胞は次第に分裂を繰り返し体内に悪影響を及ぼします。様々な症状が現れ病院で検査を受けると、できた部位の癌という病気になります。癌のできた場所やステージ、大きさなどにより、治療方法は異なります。治療には主に、手術・放射線治療・ホルモン療法・薬物療法などがあります。その中で放射線治療は、手術で体にメスを入れることもなく、がんそのものに対して治療することができるため、用いられている治療法です。

副作用が少ない

放射線治療は、放射線をがんの部位に当て、がん細胞の遺伝子を傷つけることでがん細胞を減らしたり消去したりする治療法です。放射線治療は手術と違って痛みや負担が少ない治療です。放射線を当てる部位の位置を決めたら、そのまま10分程度照射する治療です。短時間で済み、患者の体の負担が少ない治療です。昔に比べ副作用も少なく、皮膚のかゆみや痛み・胃腸の粘膜の荒れ・嘔吐などが少なくなってきました。癌の大きさや種類などによっては、手術と並行して放射線治療を行ったり、転移したがんの痛みの緩和・薬物療法との併用などの治療に用いられています。放射線治療は仕事をしている人が通院して治療をうけることもできます。治療の前後ではバランスの良い食事や、睡眠や休息をしっかりとるなどを心がけましょう。

術後までサポート

看護師

甲状腺には良性と悪性の腫瘍ができることがあります。悪性の場合は甲状腺だけでなくリンパ節も切除する必要があります。手術後のアフターケアも大切であり、良性であっても悪性であっても通院は必要です。特に、悪性腫瘍を切除した場合は再発防止のためにYSH抑制療法も行う必要があります。

詳細を読む

信頼出来る所を見付ける

メンズ

新宿周辺で内科クリニックを探すという場合には、通いやすい所、信頼することが出来る所を選ぶようにしましょう。症状についての伝え漏れを防ぐためにも、これまでの症状をメモなどに残しておくことをおすすめします。

詳細を読む