女性

体に優しい手術|放射線治療で癌に歯止めをかけよう

腎代替療法による治療

医者

腎不全が進行すると腎臓が全く機能しなくなり、そのままにしておくと尿毒症を発症して死亡します。腎代替療法を受けると機能しなくなった腎機能を代替することができ、尿毒症になるのを防ぐことができます。腎代替療法には血液透析や腎移植などがあり、岡山の腎臓内科では血液透析で腎不全を治療できます。岡山の腎臓内科で血液透析を行うと血液中の毒素が分解され、血液を浄化することが可能になります。岡山の腎臓内科では外科的治療は行われていないので腎移植をすることはできませんが、腎移植を行っている腎臓外科の病院を紹介してもらえます。腎臓外科では腎移植などの腎臓の外科手術を行っており、慢性腎不全が完治できる可能性が高まります。

血液透析や腎移植などの腎代替療法が行われていなかった時代では、腎不全で死亡する人が大勢いました。医学の進歩によって重症な腎不全も腎代替療法で治療できるようになり、大勢の人の命が救われています。岡山の腎臓内科には血液浄化センターがあり、腎不全の患者は施設内で血液透析をすることができます。血液透析をすることによって健康な人と同じような社会生活が送れるため、血液透析の人気は非常に高いものがあります。岡山の腎臓内科では在宅血液透析も行っており、血液浄化センターに通院することができない患者でも自宅で人工透析をすることができます。在宅血液透析は高齢者や障がい者の腎不全の患者からの人気が高く、希望者が増加しています。